金沢大学医薬保健研究域医学系 産科婦人科学教室

  • トップイメージ01
  • トップイメージ02
  • トップイメージ05

生殖医療紹介

当院では不妊・不育症の患者さんのために必要な検査・治療、また必要に応じて出産・出産後までの加療をtotalに行っています。子宮卵巣卵管の異常所見の有無、排卵の有無、卵管の通過性、精液検査等一通りの検査を施行し、不妊の原因を明らかにし、それに応じた加療をしていきます。特に、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ等の不妊原因となり得るものが認められた場合、手術加療も積極的に行い自然妊娠を目指します。不育症の検査も同様に行い、特に抗リン脂質抗体症候群の方には当院血液内科と合同でヘパリン加療をしています。妊娠を望んでも授からないこと、妊娠しても流産を繰り返すことは大変つらいことです。お気軽に御相談ください。

  • 子宮内膜症は特に不妊との関連が深い疾患であり、子宮内膜症の不妊患者さんには腹腔鏡手術をお勧めしています。原因不明の不妊で長期間加療しても妊娠しない方には腹腔鏡下の検査も施行することがあります。多嚢胞性卵巣(PCO)の患者さんに対する卵巣ドリリング手術も施行しています。

  • 子宮内膜ポリープ、子宮粘膜下筋腫等子宮内の病変により着床しないことがあります。外来超音波検査等で子宮内の病変が疑われた場合、外来にて短時間で子宮鏡下検査を施行しています。また、切除が必要な病変があれば子宮鏡下手術を施行します。

  • 卵管閉塞が認められた場合に卵管閉塞を卵管鏡下にバルーンにて解除する手術です。卵管の起始部の閉塞に有効です。腹腔鏡も併用して行っています。卵管閉塞している方は、体外受精でしか妊娠できませんが手術が成功すれば自然妊娠が可能となります。

  • これまで悪性腫瘍にたいする抗癌剤を用いた化学療法は長期間の入院を必要としてきました。しかし近年の薬剤の進歩は入院不要の化学療法を可能とするようになってきました。
    具体的には卵巣癌・子宮体癌などの化学療法を週1回のペースで外来で行っております。現在使用される薬剤は主にタキサン系抗癌剤で一回治療の所要時間は2時間程度と短く、また吐き気や白血球減少などの副作用も比較的軽いため、患者様の社会生活を妨げることなく治療が受けられるようになっております。

産婦人科の魅力 日本産婦人科学会 婦人科医療 周産期医療 生殖医療 入局希望者の方へ 診療紹介 教室公式ブログ