金沢大学医薬保健研究域医学系 産科婦人科学教室

  • トップイメージ01
  • トップイメージ02
  • トップイメージ05

スタッフ紹介

当教室で活躍するスタッフをご紹介します。
各スタッフの専門分野や考えていることの一端をご覧になってください。

桝本 咲子 (ますもと さきこ)

  • 医員
  • 2008年 金沢大学卒業
  • 出身:石川県
  • 専門(臨床)
    日本産科婦人科学会専門医
  • 今後の抱負

    手術スキルをもっともっと磨いていきたいです。

  • 患者さんにひとこと

    少子高齢化に伴い日本の出生数は減少していますが、晩婚・晩産傾向によってハイリスク妊娠は増加し、各患者さん毎に柔軟性のある対応が必要とされます。特に合併症をお持ちの妊婦さんに対し、当科では他科とも綿密に連携をとった上で大病院ならではの多様性のある医療サービスの提供に努めています。

  • 産婦人科教室入局に興味のある方にひとこと

    産婦人科は周産期、内分泌、腫瘍など幅広い分野に渡って学ぶことができ、女性のライフステージにおいて様々な段階で関わっていくことができる科です。悪性・良性婦人科手術、周産期管理、不妊治療、女性医学など多方面から女性にまつわる課題に取り組んでいく中で各自が専門性を高めていくことができます。興味のある方は是非一度見学に来て下さい。お待ちしています。

  • 趣味・特技

    水泳

  • 職歴・受賞歴

    <職歴>
    2008年4月~2010年3月 黒部市民病院
    2010年4月~      金沢大学附属病院
  • その他伝えたいこと

    当科では女性医師の増加に伴い、ワークライフバランス問題についても積極的に取り組んでいます。特に時間外労働の多い産科領域では主治医制ではなくチーム制を導入し、産科・婦人科共に時間外の急変対応は極力日当直医が行い、特定の医師に負担が集中しないよう配慮しています。昨今注目されている産婦人科医の過重労働負担軽減に取り組み、女性医師だけでなく男性医師も働きやすい環境の確保に努めています。

産婦人科の魅力 日本産婦人科学会 婦人科医療 周産期医療 生殖医療 入局希望者の方へ 診療紹介 教室公式ブログ